コワーキングスペースを熱中症対策にも

活用方法

こんにちは!スタッフAです。

 

まだ6月前半だというのに、最近は30℃という真夏日を超える日が続くところが多くなってきましたね…。

梅雨入りが早かったので夏も早く来たのでしょうか。

夏は苦手なので、早く来た分早く終わってくれることを願います…。

 

 

さて、夏がくると増える「熱中症」。

「新しい生活様式」によるマスク着用で、熱中症のリスクが高くようなので、今年もさらに注意が必要ですね。

※ちなみに、屋外で人との距離が2m以上と十分に取れる場合などはマスクをはずすよう厚生労働省からも呼びかけがあります。

 

熱中症と言えば屋外でスポーツをしているとき等のイメージが強いですが、自宅の中でも水分を取っていなかったり、節約のためにエアコンを使用しない等で熱中症になることがあるようです。

コロナ禍で在宅勤務をしている方も多いですが、家にずっといると気になるのが電気代などの光熱費ですよね。

家で仕事をしていれば、一日中冷房器具を使用することになるので「会社で勤務しているときはこんな金額じゃなかったのに!」なんていうことも…。

 

自宅近くのコワーキングスペースを使えば、電気代などを気にすることなく、しかもインターネット代やドリンク代まで含まれていることが多いので、自宅の電気代やネット代、お茶などのドリンク代、さらに、”仕事に適した環境(机・椅子などを含む)”を考えると、自宅よりもお得で快適かもしれません。

 

当社のコワーキングスペースでは、住宅地や郊外にも多く出店しているため、さくっと行ける距離で快適なワークスペースを用意しています。

もちろん、ネット回線やフリードリンク、無料プリンター(一部拠点を除く)も完備していますよ^^

是非、今年の夏はお近くのコワーキングスペースを使ってみてはいかがでしょうか♪

 

「BIZcomfort」の拠点検索はこちらから