コワーキングスペースとシェアオフィスの違いって?

その他

皆さまこんにちは!スタッフAです。

 

さて、先日ホームページのリニューアルを行ったBIZcomfortですが、ロゴが「COWORKING SPACE BIZcomfort」から「SHARED OFFICE BIZcomfort」に変わったのはお気づきでしょうか?

難しい間違い探しレベルの変更ですが(笑)、変更した理由をお伝えできればと思い、今回は「コワーキングスペース」と「シェアオフィス」の違いについて確認していきたいと思います!

※各ワードは明確な定義がなく、当社の見解です。

コワーキングスペースとシェアオフィスの違い

■ コワーキングスペースとは?

様々な業種の人が、ワークスペースを共有して仕事を行う共同利用型のオフィスです。主に、広いスペースにフリーアドレス(空いている席を自由に座れる席)を設け、他の利用者とのコミュニケーションを取ることも可能です。図書館の会話OKバージョのイメージが近いと思います。使用している方は、フリーランスの方が多いと思われがちですが会社員の方がテレワーク施設等として利用されることも多く、また仕事だけでなく自習スペースとしての利用も可能です。

 

■シェアオフィスとは?

その名の通り、専有部以外または作業スペース自体をシェア(共有)するオフィスです。ちなみに、「shared office(シェアードオフィス)」からきた日本語です。オフィスの設備を共有することにより、コストを抑えることができるメリットがあります。冒頭に述べた通り、専有部があってもなくても施設内の設備を共有していればシェアオフィスに当たるため、コワーキングスペースやレンタルオフィスをまるっと総括したもをシェアオフィスと呼ぶことが多いかと思います。

 

いかがでしたでしょうか?

ご存知だった方や少し違う見解をお持ちの方もいらっしゃるかと思いますが、今回当社がロゴを変更した理由についてまとめると、これまでコワーキングスペースの情報のみを掲載していた当ホームページに、レンタルオフィスの情報も加えたため「COWORKING SPACE」→「SHARED OFFICE」に変更したのでした。

 

今後も新しくなった「BIZcomfort」をどうぞよろしくお願いいたします!