スマホが多機能なビジネスフォンに?

起業家向け情報

コワーキングスペース、シェアオフィスやレンタルオフィスを利用される方の悩み・・・・・。

それは、通信機器の導入ではないでしょうか?

■コワーキングスペース、シェアオフィスの場合

オープンスペースをシェアして多数の会員様同士で利用するため、当然ながら固定電話を設置するスペースや個別に回線を引き込むための場所がございません。

■レンタルオフィスの場合

多くのレンタルオフィスの場合、元々の設備として電話機器と回線が用意されておりますが、機器類のレンタルや通信の基本料や通話料金が高い。別の回線を引き込むにも回線が引けないなどの問題もございます。また、ビジネスフォンにするには個別の光回線を引き込まないといけないなど。ご自身が理想とする通信設備をそろえるには、ビルの共用部の問題や所有者、運営会社の許可をとらないといけないため、かなりハードルが高くなります。

ちなみに当社のレンタルオフィス『ビズサークル』http://www.bizcircle.jp/はNTTのアナログ回線を各部屋に配線しており、個別で契約者とNTT側で契約ができる形態にしております。また、最近OPENしている拠点は光回線のルートを用意するなど契約者が使いやすいように改善を続けております。

少し、話はそれましたがコワーキングスペース、シェアオフィスやレンタルオフィスは通常の賃貸事務所と比べて通信設備の導入に制限があるということです。また、回線の導入費などのコストもかかることでしょう。

通信設備にこだわるお客様は事前に運営会社などに確認することがミスマッチを無くす唯一の手だと思います。

上記スペースを利用して、法人化してビジネスを行う場合、当然ながら多くの場合に固定電話が必要となります。例えば取引先と取引を始める場合の審査で固定電が必要。許認可を受ける場合、固定電話が必要など。ビジネスを行う場合、色々なシーンで固定電話の取得が必須になってまいります。

では、コワーキングスペース、シェアオフィスの利用者が固定電話を持つことはできないのか?

答えは・・・・・可能です。

今から紹介するアプリをご契約いただくと、固定の事務所やスペース、回線が無くてもスマホ1台あれば固定電話がもてるようになります。当社と協力関係にある会社で株式会社オフィス24の『BELL/TELL』という商品になります。http://www.bellandco.jp/belltel/ このアプリ、実はかなりの優れものです。スマホで①固定電話の発着信②多人数で利用すると内線利用③保留転送④なんと・・・FAXの送受信まで。聞くだけでも優れものだと思いませんか??通信も光回線を利用しているため、通常の電話回線より通信料が安くなるそうです。

ITなどの発達により、世の中には『BELL/TELL』のように今まで不可能だったものが可能となっており、便利なツールのおかげでコワーキングスペース、シェアオフィスやレンタルオフィスのようなスペースがどんどんと使いやすくなることを願うばかりです。

今後も当社は会員の皆様方に、よりよい環境を提供できるように拠点の開発、設備投資や他協力会社との協力関係をより強固にして『選んで良かった』と言われるようなオフィスづくりを目指していきます。