コロナ禍の在宅勤務で増える チリツモ家計ストレス

働き方改革

こんにちは!スタッフSです。

緊急事態宣言も明けて「久しぶりにオフィスに出勤した!」という方も多くいらっしゃると思います。

当社は「どこでもはたらく改革」と称し、普段から「テレワーク」や「エリアワーク」を推奨していますので、さほど変わらずといったところです。

ひきつづき「在宅勤務」を続けている方、こんなお悩みをお持ちではないでしょうか。

 

・電気代が心なしか上がった

・トイレットペーパーの購入頻度が以前より増えた

・プリンターのインク代が意外とバカにならない

 

これ、実は「在宅勤務あるある」のようです。

ちなみに当社の調査では、以下のことが判明しました。

チリツモ出費 リリース

これらの「チリツモ出費」は「生活費」との完全切り分けが難しく、なかなか会社に請求しづらいこともあり、意外と負担になっていませんか。

そんなときは、仕事場を「自宅」から「自宅近くのシェアオフィス」に変えてみるのも一つの手かもしれません。

※会社がシェアオフィス費用を負担してくれることが前提ですが・・・

 

当社が運営するシェアオフィス「BIZcomfort」には、住宅地や郊外の「職住近接型」の拠点が多くあり、自宅近くで通勤時間のかからない快適なワークスタイルと、快適に働くために必要な設備を提供しています。

利用料のなかに、在宅勤務でかかっていた“チリツモ出費”の大部分が含まれるため、設備の使用頻度や費用負担を気にすることなく仕事に集中できます!

 

ぜひ「ご自宅」以外の選択肢も視野に入れて、快適にはたらける仕事場を探してみてはいかがでしょうか。

 

調査リリースの詳細はちら