【プレスリリース】子育て世代に人気のさいたま市にビル1棟の大規模シェアオフィスが誕生 『BIZcomfort大宮西口』2022年4月1日(金)オープン

プレスリリース

子育て世代に人気のさいたま市にビル1棟の大規模シェアオフィスが誕生
『BIZcomfort大宮西口』2022年4月1日(金)オープン
職住近接型コワーキングスペース 無料体験会を実施

 

レンタルオフィスとコワーキングスペースの『BIZcomfort(ビズコンフォート)』を運営する、株式会社WOOC(読み方:ウォーク 所在地:東京都品川区 代表取締役:阪谷 泰之)は、2022年4月1日(金)、埼玉県さいたま市に『BIZcomfort(ビズコンフォート)大宮西口』をオープンします。オープンを記念し、コワーキングスペース無料体験会を実施します。
※新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響によりオープン日などが変更となる可能性があります。

大宮 コワーキングスペース

大宮 コワーキングスペース

BIZcomfort 大宮西口 イメージ

 

▼エリア最大のターミナル駅「大宮駅」から徒歩5分!さいたま市近隣の職住近接な働き方を推進

『BIZcomfort』は「はたらくをもっと自由に快適に!」というコンセプトのもと、住宅地や郊外を中心に”職住近接型”のシェアオフィスを多数展開しています。
BIZcomfort大宮西口は、鉄道の街としても知られるさいたま市・大宮駅徒歩5分にオープンします。当施設は、ビル一棟(全7階)からなる大型施設で、24時間365日いつでも利用可能なため、テレワーク勤務やフリーランスの仕事場としてはもちろん、自習や資格取得のための勉強など、時間などを気にせず目的に合わせてご利用いただきやすいシェアオフィスとなります。

埼玉県最大のターミナル駅「大宮駅」には、新幹線のほか、JR各線・東武鉄道・埼玉新都市交通など各線が乗り入れており、県内各エリアからの通勤・通学の利用客はもちろん、東日本の玄関口として県外からも多くの方が訪れています。東京駅や新宿駅など都内ターミナル駅までのアクセスも良好でありながら、周辺には自然豊かなエリアや大型の公園など緑も多く、その利便性と住みやすさから、令和2年中の人口増加数において、さいたま市が全国トップ、0歳~14歳の転入超過数では7年連続で全国トップとなるなど、子育て世代を筆頭に住みたい街として選ばれています。※

コロナ禍の影響でテレワークを導入する企業が増えていますが、「自宅だと家族がいて気を遣う」「メリハリがなく集中できない」「快適な仕事環境が整っていない」などの声を耳にします。
今回、オープン記念として実施する無料体験会では、高速Wi-FiやWEB会議専用スペース、用途ごとにゾーニングされたワークスペースなど、快適なテレワークの環境やその魅力をより気軽に体感していただくことを目的としています。当施設の運営を通じ、さいたま市にお住まいの方の快適なはたらき方をサポートしてまいります。

※さいたま市「データから見るさいたま市の特徴」(https://www.city.saitama.jp/006/007/002/013/p051309.html)

 

▼コワーキングスペース 無料体験会を実施

さいたま市近隣の方々に気軽にコワーキングスペースを試していただくため、無料体験会を実施します。
ぜひこの機会にご利用ください。
【期間】2022年4月1日(金)~2022年4月7日(木)まで
【利用時間】9:30~17:30(最終受付17:00)
【申込受付期間】2022年3月1日(火)~2022年4月7日(木)
【利用方法】BIZcomfort大宮西口のHPの内覧予約から希望の日時を選択、備考欄に「無料体験会参加希望」と記入の上ご予約ください。
【注意事項】
●簡単な施設案内の後、利用時間内自由にお使いいただけます。
●日程は変更になる場合があります。

※メディア関係者の体験利用や撮影も大歓迎ですので、ぜひお気軽にお越しください。事前にご連絡をお願いいたします。
担当:株式会社 WOOC 井貫(いぬき)・天矢(あまや) TEL:03-5789-3325 MAIL:pr@wooc.co.jp

 

▼『BIZcomfort 大宮西口』の特徴

特徴1. 24時間365日オープン!

当施設は24時間365日利用できます。ライフスタイルに合わせていつでも使えるため、フレックスタイム制のはたらき方にも便利。テレワークの他、資格取得のための勉強や副業などにも活用できます。平日9時~18時はコンシェルジュがいるので、来客対応や荷物の受取・転送サービスも承ります。

大宮 コワーキングスペース

エントランス・受付 イメージ

特徴2. WEB会議専用個室や会議室などさまざまなブースを用意

食事やWEB会議のできるカフェブース、会話や通話NGの静かなサイレントブースなど、使い方に合わせてブースや席を選べるので快適。また会議室は2~8名用の4室を用意。通話やWEB会議専用個室のテレフォンブースもあり、テレワークによるリモート会議や、取引先への電話にも便利です。

 

特徴3. 完全個室のレンタルオフィスは保証金・敷金不要

通常のオフィスを借りると保証金や敷金がかかりますが、当施設のレンタルオフィスでは一切不要※。起業や事務所開設に便利な1~4名用の完全個室を用意しました。光熱費やインターネット利用料は全て月額利用料に含まれています。また、レンタルオフィス会員の方は、当社が運営する全国のコワーキングスペースが無料で使えます。※別途初期費用が必要です。

レンタルオフィス 1名用

1名用レンタルオフィス イメージ

 

特徴4. 高速Wi-Fiや無料プリンターなど設備も充実

高速Wi-Fi、フリードリンク、無料プリンターなどの設備も充実。パソコン1台で快適に作業ができるのも魅力です。

 

特徴5. 感染症対策の実施

当施設では、利用者が快適に過ごせるよう、以下の感染症対策を行っています。
① コワーキングスペース・共有部利用時の手指消毒・マスク着用のお願い
② 間仕切り壁の設置・隣接する座席は左右正面へパーテーションを設置
③ 定期的な換気の実施

目黒 コワーキングスペース

感染症対策 イメージ

 

▼『BIZcomfort大宮西口』施設概要

住所:埼玉県さいたま市大宮区桜木町1丁目378
アクセス:JR各線/東武鉄道/埼玉新都市交通「大宮駅」西口徒歩5分
利用料金:【コワーキングスペース】80席(内9席は固定席) 月額2,200円(税込)~ ※プランにより異なる
【レンタルオフィス】47戸 月額44,000円(税込)~ ※部屋により異なる(共益費別途)
設備:Wi-Fi/フリードリンク/無料プリンター/会議室/コンシェルジュ/ロッカー/ポスト/登記可能
HP:https://bizcomfort.jp/saitama/omiyanishiguchi.html

 

▼『BIZcomfort』について

近年は働き方が多様化し、フリーランスや副業、スタートアップなど、自分の特技や強みを生かした働き方を選択する人が増加しています。さらに企業側も、働き方改革の一環で、シェアオフィスを用いたテレワークの導入や、子育て・介護世代が自宅近くでも働けるサテライトオフィスを設置する傾向にあり、働くスタイルや意識が大きく変わろうとしています。
そんな背景の中、当社では「はたらくをもっと自由に快適に!」をコンセプトに、シェアオフィス『BIZcomfort』を運営。関東・関西を中心に、全国展開に向けて積極的に拡大しています。

 

▼これまでの埼玉県の主な”職住近接型オフィス”の事例

・埼玉県 新座市
志木駅目の前!埼玉県内最大級規模のコワーキングスペース、レンタルオフィス併設のシェアオフィス。
【BIZcomfort志木】 https://bizcomfort.jp/saitama/shiki.html
・埼玉県 川口市
住みやすい街として注目の川口市にオープン。南国リゾート風のインテリアで、好評につきコワーキングスペース増席も!
【BIZcomfort川口】 https://bizcomfort.jp/saitama/kawaguchi.html

 

【会社概要】

商号:株式会社WOOC(ウォーク)※2017年9月25日をもちまして株式会社リビング・エージェントより社名変更
代表:代表取締役 阪谷 泰之
本社所在地:東京都品川区西五反田2-30-4 BR五反田ビル7F ※2021年6月19日をもちまして本社を移転
電話:03-5789-3323
設立:2008年9月
資本金:11,000万円(資本準備金5,000万円含む)
売上高:3,771,756,155円(13期)
店舗数:レンタルオフィス121拠点・コワーキングスペース103拠点(提携店舗・新規オープン予定を含む)
従業員数:計 164 名(社員 64名・パート 100名)※2022年3月時点
事業内容:レンタルオフィス事業・コワーキングスペース事業・住宅サブリース事業・リフォーム・リノベーション事業・不動産管理・仲介事業・不動産売買仲介事業
公式HP:https://www.wooc.co.jp/

 

【WOOCの SDGsについて】 (https://www.wooc.co.jp/sustainability.html)

WOOCは、事業の中心となる「空室再生」と「シェアオフィスの運営」を通じて、SDGsの達成にむけた取組みを推進しています。
シェアオフィス「BIZcomfort」は、あらゆる人がどこでも働ける環境を提供すべく、都心やターミナルだけではなく、住宅地や郊外などへの展開を行っています。労働生産性の向上や多様な働き方をサポートし、持続的な「働きがい」や「経済成長」に貢献します。

SDGs

 

プレスリリース全文PDFはこちら