プレスリリース

お知らせ

<コロナ禍のテレワークアンケート調査報告>
在宅勤務中、家の中にオフィス環境を作る難しさを感じる意見が多数
家(第 1 の場)とオフィス(第 2 の場)の間、“1.5 プレイス”として職住近接型コワーキングを提案

 

新型コロナウイルス禍のテレワークに関する調査を実施しました。

2020 年 6 月 16 日 (火)~2020 年 06 月 17 日(水)の間に得た、20~50 代のテレワークを行った男女 500 名の有効回答を集計し、その結果を2020 年 6 月 29 日(月)に発表します。

 

▼コロナ禍でテレワークを行った人に調査、テレワークを行った理由とメリットとは?

対象者 500 人に、新型コロナウイルス影響下でテレワークを行った理由を調査したところ、77%の人が「会社からの指示」と回答しました。

また、テレワークを行って良かったことを聞いたところ、「満員電車による通勤ストレスがない」が 1 位となりました。

 

プレスリリース全文はこちらから