社会人におすすめ!資格試験に合格するための効率的な勉強法は?

社会人におすすめ!資格試験に合格するための効率的な勉強法は?

社会人になってから資格取得を目指して勉強をする方も少なくありません。しかし、働きながらまとまった勉強時間を確保することに不安を感じる人は多いでしょう。特に、難関資格を取得するためには、勉強時間を確保したうえで効率的に勉強を進めていく必要があります。

そこで今回は、社会人におすすめの資格取得のための勉強法をご紹介します。合格するためのポイントも解説するので、資格取得を目指している方はぜひ参考にしてください。

1.社会人の勉強に必要な「効率性」

リスキリング(学びなおし)が注目されており、社会人でも学び続けることが必要とされています。特に資格の取得は転職やキャリアアップに有利になる可能性があり、多くの社会人がチャレンジしています。

働きながら資格試験の合格を目指すことは不可能ではありませんが、まとまった勉強時間が取れない社会人にとって、勉強は「効率性」を追求することが重要です。

そのため、限られた時間のなかで効率的に勉強するにはどうすればいいのか、自分に合う方法を検討することが大切です。

2.効率的な資格試験の勉強法

社会人が資格試験に合格するためには、効率的に勉強を進める必要があります。ここでは、効率的な資格試験の勉強法をご紹介します。

資格試験の出題内容を把握する

資格試験によっても必要な勉強時間が異なるため、まずは試験の出題内容や範囲を確認しましょう。出題範囲や科目、配点、出題数を確認し、合格までどのくらいの勉強時間が必要なのかを把握することが大切です。

資格試験の出題内容を確認するためには、試験を運営している機関の公式サイトを確認するといいでしょう。公式サイトでは試験科目や範囲などのほか、過去の試験問題が掲載されていることもあります。勉強を始める前に、どのような試験なのかを把握しておくと、勉強の進め方を決めやすくなります。また、合格者の声として、勉強のポイントや注意点といった有効な情報が掲載されていることもあります。

受験者数の多い資格や国家資格などの主要な資格試験であれば、一般の情報サイトでも合格までの目安となる勉強時間を調べられることが少なくありません。勉強時間は試験範囲や難易度によっても変わってくるため、あらかじめ把握しておくことが重要です。

試験日までのスケジュールを立てる

出題内容が把握できたら、試験日までに勉強を終わらせられるように大まかなスケジュールを立てます。残業や休日出勤等の可能性も考え、余裕を持ってスケジュールを立てることが大切です。前述の方法で勉強時間の目安を確認したうえで、試験日から逆算していけば、いつごろから勉強を始めればいいのか把握できるでしょう。

例えば、合格までの勉強時間の目安が500時間、1週間に勉強できる時間が20時間くらいとすれば、試験日の半年くらい前から勉強を始める必要があります。

ただし、勉強時間はもともと持っている知識レベルによっても変わってきます。予備知識がある場合は、一般的な目安より短期間の勉強で合格できる可能性もあるため、自分の知識レベルに合わせたスケジュールを立てると合理的です。

参考書で全体を把握してから繰り返し読む

初学の場合、参考書を読み進めることに時間がかかりますが、まずは最後まで読破しましょう。しっかり理解できないところがあっても、立ち止まらず、全体を把握することを心がけます。大体の内容や流れを把握したうえで、細かい部分を勉強していくと、最初は難しいと感じていた部分も理解しやすくなるでしょう。最後まで読破したあとは、繰り返し読み進め、少しずつ知識を身につけていきます。

問題集を何度も解く

問題を解くことで知識の定着を図ります。参考書を読んだだけでは、知識が身についているかどうかわかりません。そのため、勉強は参考書と問題集をセットで進めていくことが重要です。問題集は参考書で得た知識を復習するのにも役立ちます。

問題集を使う際は、一度解けた問題はチェックしておき、2回目以降は間違えた問題を中心に解いていくと効率的です。2回目も間違えた場合は内容の理解が浅い可能性が高いので、参考書を復習してからもう一度問題を解き直してみましょう。

このように、問題集を繰り返し解くことで試験問題に対応できる知識の定着を図っていきます。

過去問で傾向をつかむ

知識が定着してきたら、過去に実際に出題された問題を解いてみることがおすすめです。資格試験のなかには、公式サイトで過去問を公開していることがあります。

数回分の過去問を解いておくと、時間配分の感覚や試験の傾向をつかみやすくなります。試験の難易度は毎回同じくらいに調整されていることが一般的です。そのため、過去問で合格ラインを超えていれば、合格できる可能性が高いと言えます。間違えた問題は復習し、さらに知識の定着を図りましょう。

スキマ時間を活用する

まとまった勉強時間が確保できない場合は、スキマ時間を活用することで学習を進めます。スマートフォンやアプリなどを活用すれば、通勤時間や仕事の休憩時間でも勉強しやすいでしょう。

特に、暗記事項は繰り返し覚えることが大切です。一度勉強しただけではすぐに忘れてしまうようなことでも、何度も繰り返すことで徐々に定着してきます。スキマ時間を活用した勉強は、暗記事項を覚えるのに最適な方法です。

大人の勉強の仕方については、この記事でも詳しく解説しています。

大人の勉強の仕方とは?効率よく学んでスキルアップを!

3.資格試験の勉強に成功するポイント

資格試験に合格するには、一定期間勉強を継続しなければなりません。そのためには、勉強を続けられる環境を整えることが大切です。ここでは、資格試験の勉強に成功するためのポイントを紹介します。

集中できる場所を確保する

自宅に集中できる場所がない場合は、自宅以外の場所を確保する必要があります。自宅以外の勉強場所としては、カフェや図書館、有料の自習室、ネットカフェなどが挙げられます。

勉強に集中できる場所は人によってさまざまです。例えば、カフェのように人の話し声や音楽などの雑音があった方が集中できる人もいれば、自習室のように静かな場所の方が集中できる人もいます。ただし、カフェの場合、本来は飲食する場所です。長時間利用がマナー違反になるケースもありますので、注意しましょう。

また、動画やアプリなどインターネットを活用して勉強する場合は、ネットワーク環境が整った場所を選んだ方がよいでしょう。マナーや環境を考慮しつつ、自分にとって勉強しやすい場所を選びます。

勉強を習慣化する

勉強は続けることが大切です。短い時間でもいいので、毎日勉強する習慣をつけましょう。仕事が忙しいときは、なかなか勉強する時間を確保できないこともあります。一度勉強を中断すると再開のハードルも高くなるでしょう。そうならないために、短時間でも続けることを目標にスケジュールを組むことがポイントです。

モチベーションの維持に努める

同じ資格を目指している勉強仲間をつくることで、お互いに切磋琢磨しながら勉強することができます。仲間がいた方が、途中で挫折しにくいでしょう。

勉強仲間といっても、学生時代のようにみんなで集まって勉強することは難しいのが現実です。しかし、SNSやアプリなどを活用すれば、同じ資格を目指している人に出会うことができます。そのような仲間と勉強した内容や時間を共有することで、お互い勉強を続けようという気持ちになるかもしれません。

身近な人からの理解を得る

家族や同僚などから勉強することを肯定してもらえると、心理的に安心して勉強に打ち込めます。家族ならば休日に快く勉強時間を提供してもらえる、同僚ならば定時で帰りやすくなるなどの効果が見込めるでしょう。周囲の協力を得られるため、勉強できる環境も整いやすくなります。

まとめ.資格取得の勉強を続けるには時間の使い方と場所の確保が大事

忙しい社会人が資格試験の勉強を進めるには、意識的に勉強時間を確保し、短時間の勉強でも知識が身につけられるように、効率的な勉強法を見つけることが大切です。

勉強に集中して取り組むためには、場所の確保も重要です。短時間でも集中できる環境の方が、効率よく勉強できます。自宅以外で勉強に集中できる場所がない場合は、ビズコンフォートの自習室が便利です。快適に勉強できる設備とサービスが用意されています。ぜひご利用ください。

詳細はこちら